ピタくま釣行記|ダイソージグVSジグパラのショアジギ勝負!!

title

スポンサーリンク


今回は、2021年11月2~3日のサーフジギングで、船長がジグパラ、私がダイソージグを使ってサーフから釣れる魚の数釣り勝負をして来ましたよ~♪果たしてどちらのジグが魚を運んでくれるんでしょうか?ショアジギにご興味がおありな方や、ジグパラ、ダイソージグが気になる方は是非、ご一読くださいませ!!

使用タックル

ロッド

●コルトスナイパーSS S100M

●コルトスナイパーBB S1000M

ピタくま

昔のモデルなので、現行モデルならS100Mになります。

リール

●ツインパワーXD C5000XG(21年モデルと17年モデル)

ピタくま

4000番でOKですよ~。

ライン

●メインライン・・・PITBULL8 1.5号

●ショックリーダー・・・オシアEX 14号

ピタくま

サゴシカッターにやられないための14号です。

ピタくま

タックル(ロッド、リール)については別記事で紹介していますので、気になる方はチェックしてみてくださいませ♪

スポンサーリンク

釣行開始

11月2日 朝6時00分スタート

さてさて、最近急激に冬めいて来た感じで、6時30分前まで太陽が出て来なくなって、ロンTにウィンドブレーカーだけでは肌寒くなって来ました。とは言え、魚は釣れるので頑張って釣っていくことにしました。

ピタくま

この部分はYoutube動画はカットした部分なんですが、本当は勝負はここから始まってたんです(笑)

私は、ダイソーの細身のタイプの40gで全身がグローになったものを使ってみました。アシストフックはジグパラのものを使い、テールフックはアウトバーブの#6に変えてます。

ピタくま

ダイソーのノーマルフックは少し針が鋭くないんですよね~。

暫くキャストを繰り返しますが反応が無く、ジグロック40gのグリーンに変えてみました。

というのも、ここ数日小型のカタクチイワシの群れが回遊していることもあったので、グリーンは効くんじゃないかと思って投げてみました。

ピタくま

これが見事にビンゴ!!

ピックアップ寸前で、ドカン!!

ドラグを緩めにはしていたつもりでしたが、如何せん距離が無かったせいか瞬発的な鋭い走りをされて、なすすべなくフックオフ・・・orz

ピタくま

引きの強さからして50cmは楽にあったと思います。

逃がした獲物は~・・・的な感じですが、ホントに大きかったと思います。

結局、この朝はやる気のある魚はこの一匹だけでした。

11月2日 夕マズメ

ここから、Youtube動画をスタートさせてます。

船長(妻)VS乗組員こと私による底辺アングラー同士の骨肉を争うショアジギ対決が本格的にスタートしました!(笑)

ルールは、下の画像の通りで食べられる魚が基本的に対象となり、エソとフグ類はノーカウントとしました。

ルール説明
対決ルール

船長は、ジグパラショート40gライブ金アジカラーをチョイスし、私は朝に反応のあったジグロック40gグリーンカラーをチョイスしました。

ジグロック
ジグロック
ピタくま

朝の釣りだけでもう既にボロボロです。

が、三投目にドカン!!

ピタくま

ジグパラにも負けないヒット率ですね!!

ドラグを緩くしてましたが、今度は緩すぎたのかまたもや波打ち際で痛恨のバラシ・・・orz

これは大きさも40cmクラスなサイズそうでしたが、数が出そうにない状況でのバラシは痛すぎました・・・

結局、この夕マズメもこのアタリはこの1回のみでした。

11月3日 早朝

さて、ここで決着をつけたいところですが、どうなることでしょうか。

開始から30分位で朝日が出だしたので、ライトを消そうとしていると、着底している細身タイプのグローのジグにヒット!!

キター!!

アワセを入れましたが、残念ながらフックオフ・・・(汗)

ピタくま

何度バラせば上手くなるんでしょうかね~・・・

この後、寒かったのもあって船長がトイレ休憩するようで、この間に出し抜くチャンスです!!

ニヤニヤしながらキャストを繰り返しますが、ジグロックのブルーカラーには無反応・・・

船長の姿が小さくなったのを見計らって、船長のタックルを拝借(笑)

ピタくま

船長が戻って来る短時間の間に釣り上げて、ジグロックで釣ったことにする作戦に出ました!!

時間的にせいぜい三投が限界のこの作戦、上手くいくかは運次第です(笑)

一投目・・・釣れず

二投目・・・これまた釣れず

三投目・・・ヒット!!

ピタくま

キターーー!!

これは兎に角、慎重にやりとりをする必要があります。ドラグをゆるゆるにしてまで、なんとかランディングに成功!!(笑)

釣り上げることが出来た魚はジャスト40cmのネイリ(カンパチの子供)でしたよ♪

船長が戻って来る前に、タックルを元通りにしました。

ネイリ
ピタくま

この部分は、是非、Youtube動画をご視聴して頂ければなぁ~と思います

これまでにもちょいちょい見せた負けん気の強さを発揮し大物を仕留めてきたことがある船長ですが、今回もその粘りの釣りで見事釣り上げたのは・・・

サバフグさんでした
サバフグさんでした

サバフグさんでした。

これはノーカウント魚種でしたが、意地でも釣り上げようとする船長の根性は尊敬に値します。

この後、どっちが勝ったとか、すったもんだがあって納竿となりました♪

スポンサーリンク

今回の釣行を振り返って

いつも使ってるジグパラは流石のコスパ最強と呼ばれるだけの性能を持ってますが、ダイソージグも中々のヒット率で、ヒット率だけを取れば今回はジグパラと引き分けた感じです。

ピタくま

ダイソージグは、飛距離が出なかったり、塗装がすぐ剥がれるという部分はありますが、入門ジグとしてはコスパ最強だと思います!!

後、ここ数日は潮の関係による所が大きいのか分かりませんが、日の出後にボイルが出ていました。

でも、これがボイル打ちしても釣れないというムキーっ!!な感じでした(笑)

夕マズメより朝マズメの実績が高かった印象の大潮になる(なった)までの釣行でした。

YouTube動画もお楽しみくださいませ!

今回の記事は以下のYouTube動画と連動していますので、ご視聴いただくと文字では伝わらない部分も楽しんでいただけるかなと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

次回もお楽しみに~~♪

YouTube動画もお楽しみくださいませ!

今回の記事は以下のYouTube動画と連動していますので、ご視聴いただくと文字では伝わらない部分も楽しんでいただけるかなと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

次回もお楽しみに~~♪

スポンサーリンク