クロスライドブレード|ショアジギングで大物を狙うなら!!

title

スポンサーリンク


今回は、ショアジング用ルアーとして一つは持っておきたいルアーMajor Craftのクロスライドブレードの使用感と使い方を踏まえながらご紹介していきたいと思います。メタルジグとはまた一味違うルアーを持っておくと状況に応じたルアーセレクトも出来ると思いますので、ご興味がおありの方は是非、ご一読くださいませ!!

ピタくま

最後までゆっくりしていって下さいね~♪

CROSRIDE Bladeってどんなルアー?

Major Craft社がショアジギング専用に開発した鉄板バイブで、全長110mm、重さ40g、カラーはベースの6色とライブベイトカラー4色の計10色が用意されています。

定価は税抜価格で880円のルアーです。

特徴

良く飛ぶ

ピタくま

大きなルアーなのにホントに良く飛びます。

大きなルアーなのに、ジグパラショート40gと飛距離は変わらないんじゃないかって位遠くまでキャスト出来ます。

ピタくま

これはとても嬉しい機能ですよね

巻き抵抗が小さい

水平姿勢をキープしながら、大きなテイルを振るウォブリングアクションではなく、小さなローリングアクションをするルアーなので、巻き抵抗が小さいのが特徴です。

ピタくま

早巻きしても軽い軽い♪

ピタくま

とは言え、40gのルアーなのでそこそこの巻き重みはありますよ。

フックサイズが大物に対応している

フックは大きい
※)付属のスナップをスプリットリングに変えてます

同社のジグパラブレードは3本小さめのフックとなってますが、クロスライドブレードは大きいフックサイズのトレブルフックが2本付いています。ジグパラブレードはシーバス向け、クロスライドブレードはショアジギ青物向けな感じです。

スナップが付属

アクションを変える穴が二つ開いていて、大型のスナップが一つ付属しています。

穴は、前方が早巻き向きでタイトアクション、後方がワイドアクションでスローでも高波動で誘うように設計されています。

ピタくま

私は、ジグと直ぐに交換が出来るようにこのスナップをスプリットリングに交換してます。

交換時に塗装が剥がれたりしますので、参考までに。

ピタくま

ナブラ打ちとかの表層巻きなんかの一定のレンジを狙うのにはバッチリなルアーなんじゃないかと思ってます。

スポンサーリンク

使ってみた感想

ピタくま

では、私も3色のライブベイトカラーを購入してみたので使ってみた感想をお伝えしますね。

3色

キャスト性

大きいルアーなので投げにくいかというと、思ったよりも投げやすかった印象です。Mクラスのロッドではジグパラ40gをブンッ!と投げるようにはいきませんが、それでもフルキャストに近い感じでキャスト出来ます。

飛距離もジグパラ40gと遜色ないぐらい飛ぶのでとても良いと思います。

巻き重み

鉄板バイブ類は26gクラスでも巻き重みを感じて手首への負担が大きいですが、40gのこのルアーは抵抗はありますが、サイズによる抵抗で言えばかなり小さい感じがしました。

ピタくま

これはMクラスの10ftロッドを使ってるせいかもしれません。

もう少し硬めのMHクラスの9ftクラスを使った方が多分もっと軽く巻けるんじゃないかなと思います。

ピタくま

クロスライド5Gの962MHなんかは、このルアーとマッチしやすいんじゃないでしょうかね~?

フックトラブルのなりやすさ

鉄板バイブを使うとフックがラインに絡むトラブルが頻発したりするんですが、テールフックがラインに絡むトラブルは今のところなかったです。

前方のフックがラインに絡むことは20%弱ぐらいの確率だったイメージです。

ピタくま

思ったより、トラブルが少なそうな印象です。

いきなり大物が釣れた!

これは改めてピタくま釣行記でお伝えしたいなと思いますが、早朝の真っ暗な中の第一投目で66cm位のワラサ(メジロ)がいきなり釣れました。

一投目でグッドサイズ!
いきなり釣れました!

毎日通ってジグパラを投げてましたが、釣れるのは40~50cmのハマチでしたし、この日も周りのアングラーさん達もやはりこの40~50cmクラスが釣れてました。

ピタくま

そんな中で66cmが釣れたのは、大きなルアーをチョイスしたからかも知れませんね!

また、フックサイズが大きかったお陰で、フックが伸ばされてバラすことなく綺麗にフッキングも出来てて助けられました♪

因みにカラーはライブ金アジカラーです。

アクションについて

購入してすぐのレビューなのですが、ルアーアクションは大まかに以下の3通りで良いのかも知れません。

ひたすら早巻き

これは、ルアー着水後直ぐにリーリングを開始して表層を早巻きするパターンと、着底まで待ってから早巻きするパターンの2パターンかなと思います。

ナブラ打ちやサワラ狙うならコレ!ですよね(笑)

ピタくま

マズメ時は特に表層でヒットすることが多いので、効率的に狙えると思います。

ストップ&ゴー

何回か早巻きさせたら、一旦止めてからまた早巻きする。ミドルレンジを探ったり、弱った魚を演出してみるのも良いかも知れませんね。

リフト&フォール

これはアクションを付けたい方向けかな~と思います。どうしてもアタリがない場合は、試してみる価値はありますね。

ピタくま

ブリはよくフォールでヒットすることがあるので、有効的かも知れませんね。

スポンサーリンク

最後に

ショアジギでメタルジグでは反応が薄い場合や、表層を狙い撃ちしたい場合はこのルアーが有効なんじゃないかと思います。

ピタくま

私もサワラシーズンが突入する前にこのルアーを購入したんです(笑)

ジグパラを愛用されてる方やメタルジグだけを使ってる方は是非、このクロスライドブレードを使ってみては如何でしょうか?

この記事が、あなたの参考になれば幸いです♪

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク