PowerArQ2|500Whクラスのポータブル電源を選ぶならこれ!

power-arq2

スポンサーリンク


今回は、2020年3月11日集計の楽天デイリーランキング4部門で1位を獲得した加島商事のポータブル電源PowerArQ2 500Wh Smart Tapをご紹介します。

スペック

バッテリー容量
  • 定格容量:45,000mAh
  • 定格エネルギー:500Wh
  • 公称電圧:11.1V
入力
  • 入力口径:CCCV方式/MPPT方式
  • 入力 – 電圧/電流:12-40V/最大10A
  • 入力 – パワー:120W

車のシガーソケットで7~8時間、ACアダプターで6~7時間で満充電可能。

出力ポート
  • AC100V:2口 通常パワー300W ピークパワー450W 50-60Hz切り替え可
  • シガーソケット:1口(12V/9A)
  • DC/5.5mm(5521):2口(9.6-12.6V/3A)
  • USB Type-A:4口(2口合計5V/3A)×2
  • USB Type-C:1口(5V/3A, 9V/3A,12V/3A,15V/3A, 20V/2.25A)
  • ワイヤレスチャージ:1口(5W7.5W/10W)
  • LEDライト:520ルーメン
wire-less
付属品
  • 充電用ACアダプターセット(90W)(合計約1.1m)
  • シガーケーブル(約0.7m)
  • MC4ケーブル(約1.5m)
  • USB Type-Cケーブル(約1m)
  • 取扱説明書
fuzoku
その他
  • 重量:6.2kg
  • サイズ:26×19.1×19.5cm
  • 保管・使用可能温度:-10~45℃
  • 充電可能温度:0~40℃
  • 使用可能湿度:10~90%
  • 防水・防塵性能:IP21

ピタくま

ワイヤレス充電機能は便利そうですね。

スポンサーリンク

他社製品との比較

気になる容量ですが、同じ500Whタイプのsuaoki製G500と比べてみましょう。

バッテリー容量

PowerArQ2suaoki G500
45,000mAh137,700mAh
ピタくま

ん?suaoki製品に負けてる??

ピタくま

suaokiの説明書を見ると500Wh(11.1V/45.9A)て書いてます。

つまり、45,900mAhてことです。

ワット数(W)=電圧(V)×電流(A)なので、同じワット数で、同じ電圧なら同じ電流になります。この差は誤差範囲と言えますね。

重量とサイズ

PowerArQ2suaoki G500
重量6.2kg6.8kg
サイズ26×19.1×19.5cm28.2 x 21 x 18.9 cm
ピタくま

サイズは同じぐらいですね。重量はPowerArQ2が優秀ですね。

出力関係

PowerArQ2suaoki G500
通常出力300W300W
ピーク出力450W600W
過負荷能力450W未満で2分450W未満で2分
ピタくま

ピーク出力はsuaoki G500が優秀ですが、過負荷能力が同じなので引き分けですね。

出力ポートの数で言えば、USB-Aの口数がPowerArQ2が4口に対し、suaoki G500が2口でこちらはPowerArQ2に軍配が上がりました。

価格も同じ59,800円です。

またAC出力ですが、PowerArQ2では日本の電化製品電圧に合わせ100V設計になっていますが、suaoki G500は110V設計になっています。電圧を合わせずに使用した場合、通常より消費電力が増加し、バッテリーの減りが早くなる可能性があります。こういった点でも消費電力が増加してしまう心配がなく、PowerArQ2が優秀と言えそうですね。

ピタくま

スマホのワイヤレス充電が出来る点も見逃せませんね!!

比較結果

今回はsuaoki製品と比較してみましたが、PowerArQ2は優秀ですね!!

スポンサーリンク

まだまだあるPowerArQ2の魅力

  • 6種類のカラーバリエーション
  • 2種類のソーラーパネル(別売り):防水パネルと折りたたみ式パネル
  • 無期限のカスタマーサポート
  • 商品到着後60日間返品・交換保証
  • 2年間のメーカー製品保証

結論

私も500Wクラスはそのうち欲しいと思ってましたが、その際はsuaoki製品かなと考えてました。今回、改めて比較してみるとPowerArQ2がいいなと思うようになりました!

500Whクラスのご購入を検討されているなら、この製品を強くおススメします!

ピタくま

楽天で1位を取るのも頷けますね。

以上、加島商事のポータブル電源PowerArQ2 500Wh Smart Tapのご紹介でした。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!!

釣行記を毎週配信していますので、こちらも良かったらご一読くださいませ♪

スポンサーリンク