ロッドを買ったらまずはこれをやっておこう!

title

スポンサーリンク


皆さん、ロッドを購入したらどうしてます?そのままリールを付けてフィールドに出掛けてませんか?今回は購入直後や定期的に是非やっておきたいロッドの超簡単なお手入れ方法についてお伝えしたいと思います。これ一つで飛距離も出てライントラブルの軽減にも繋がりますので、是非、ご興味がおありの方はご一読くださいませ!!

尚、タックルのメンテナンスについてもいくつか記事にしておりますので、あわせてどうぞです。

ロッドを買ったらする事って何?

では、早速本題に入っていきたいと思いますが、まずはロッドを購入後そのまま使ったらどうなるかについてお伝えします。

すぐにはどうもなりません・・・(汗)

また、まめに釣行後にしっかり洗ってる方は更になんとも変化なしです。

じゃ~、なにもしなくてもいいじゃん!てことになるんですが、実はしっかり洗ったつもりでも、ある日気付くとガイドの根元が錆びたり腐食したりすることがあるんです。

錆
リングの縁に薄っすら錆が発生してます

この画像はこの対策をするより前に出来たものですが、ほぼ毎釣行後に洗っててもこんな感じになったりする場合があります。

これはガイドについた塩分って実は少々洗ったぐらいでは除去出来ません。また、ガイドの根元ってそもそも洗いにくい部分ですので、洗い流したはずの塩分がガイドの付け根に溜まってしまうこともあります。こういうことの蓄積で錆びたりするのかなと思います。こうならないためにも、最初にしっかりと対策をしておくだけでガイドを長持ちさせることが出来るんですよね。

何やればいいの?ってことですが、やることは簡単です。

ラインを長持ちさせる「VARIVAS常温フッ素コートスプレー PEにシュッ!」というスプレーをガイドに吹きかけるだけです。

えっ!?このスプレー、ライン用じゃないの?ってお思いの方もいらっしゃると思うんですが、このスプレーの成分を見ると、石油系溶剤、シリコーンオイル、フッ素オイル、噴射剤となってます。

シリコーンに加え、フッ素が配合されているので強力な保護膜が形成されます。つまり、最初にガイド全体をコーティングすることで塩分との直接接触を防いでおくことで、ガイドが長持ちするという算段です。

ラインとガイドに吹き付けておくとお互いの摩擦抵抗も小さくすることも出来るのでラインにも優しくなり飛距離も期待出来ます。

また、ロッドが水に濡れるとPEラインは特に水の表面張力でロッドに貼り付きやすくなります。これはライントラブルの原因にもなりますので、ロッドの撥水性を高めておくことはとても有効的だと思います。

実際、ガイドやロッドに吹き付けると、吹き付けた部分はとてもツルツルになります。釣行後のメンテナンスも楽ですしで、一石二鳥だと思います!!

スポンサーリンク

吹き付け方法とやってはいけないこと

吹き付け方法

ガイド1つずつにしっかりと吹き付けるだけですが、注意したい点としてはガイドの根元内側部分です。ここは、スプレーが吹き付けにくい場所となってますので、意識的に吹き付けましょう。

ここ

スプレーが周辺に飛散すると滑りますので、屋外で吹き付けるようにしましょう。

吹き付ける反対側に柔らかい布等を当てて吹き付けると、布に付着した余分なスプレー液を使ってロッドに塗り込むことが出来て、無駄遣いしなくて済みます。ガイドだけ吹き付けてロッドは余分な液を伸ばす感じにしましょう。

シュッ

やってはいけないこと

ロッドの継ぎ部に塗ってしまうと、ロッドがすっぽ抜ける原因になりますので、継ぎ部には絶対にスプレーを飛散させたり、布で塗ったりしてはダメです。

ここはダメ
継ぎ部はNGです

また、リールシート部分等の手で持つ部分も滑ってしまうのでここも止めておきましょう。

スポンサーリンク

定期的にコーティングしましょう

コーティングをしているとはいえ、塩分のある場所での釣行後に何もしないというのはNGなので、釣行時間や釣行場所等によって、水拭きや水洗い等のメンテナンスの程度を変えてみると良いかと思います。

サーフ等の海での釣行は短時間でも塩分がびっしり付くので、毎回洗った方が良いかなとは思います。

そして何度か洗うとロッドのツルツルさが落ちてくるのが分かると思います。そのタイミングで再度スプレーすると良いかと思います。

まとめ

数分で出来る簡単作業なので、是非、お試しくださいませ!!

「PEにシュッ!」はラインにもロッドにも使えるので一本持っておくととても便利です。

ご購入される場合は、使う頻度も多いかと思いますので、業務用の320mLタイプをおススメします。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!!

釣行記を毎週配信していますので、こちらも良かったらご一読くださいませ♪

スポンサーリンク