ドリンクメイトを使って自分好みのレモンスカッシュを作ってみた

title

スポンサーリンク


今回は、炭酸水メーカーのドリンクメイトマグナムスマートを使って、自分好みにバッチリドはまりしたレモンスカッシュを使ることが出来たので備忘録も兼ねて記事にしたいと思います。

ピタくま

最後までごゆっくりしていってくださいね~。

ドリンクメイトって何?

ドリンクメイトは自宅で簡単に炭酸水を作れる炭酸水メーカーです。水専用タイプとジュース等の液体も炭酸化出来るタイプがあります。電動タイプと手動タイプがあり、炭酸ガスボンベは60Lと142Lの2種類となってます。

我が家は基本ハイボールや酎ハイを作ることがメインの使い方なので、水専用のマグナムスマートを購入しました。

このタイプの詳細について知りたい方はこちらの記事でご紹介してますので、ご参照くださいませ。

スポンサーリンク

ピタくま的最高のレモンスカッシュの作り方

では、早速私の好みのどストライクなレモンスカッシュの作り方をご紹介したいと思います。

用意するもの

  • 炭酸水メーカー
    付属の専用ボトルSに水を450mL入れて、予め冷蔵庫で水を冷やしておきます。
  • ビールジョッキ
    ご自身が飲みたい量が入るコップなら何でもOKです(笑)
    私は、以下のサントリーの角ハイジョッキを愛用しています。
  • マドラー
    混ぜる用です。
  • ハチミツ・・・小さじ1杯
    中ぐらいのティースプーンで2杯位かな?
  • レモン汁・・・小さじ1杯
    常備出来るポッカレモンを愛用しています。勿論、生レモンだと更に美味しくなると思います。量についてはお好みで調整してくだいませ。
  • 氷・・・6~8個
    冷蔵庫で作る標準サイズの角氷です。大体ジョッキの4割位までは入れてます。

作り方

ピタくま

作り方はとても簡単です!

STEP

炭酸水を作る

私好みの炭酸の強さにするための炭酸充填回数は、ワンプッシュ0.8秒を5回です。

喉越しも強すぎず弱すぎずな強さで、飲み終わるまで心地よい細かな炭酸が残ってるのがこのワンプッシュ0.8秒×5回でした。

ピタくま

そこまでシビアではないんですが、拘ってみました(苦笑)

この第一工程で真っ先に炭酸水を作る理由としては、水に炭酸をしっかりと馴染ませたいからです。プッシュした直後の炭酸水を使うよりも少しだけ馴染ませておく時間を作った方が、何となく炭酸が水に溶け込んでる気がします。

説明画像
プッシュした後、炭酸を馴染ませてみる

あくまで気がするだけですが(笑)

この段階では炭酸水メーカーに専用ボトルをセットしたままにしておきます。

STEP

ジョッキにハチミツとレモンを入れる

分量のハチミツとレモンをまずは投入します。ハチミツの粘度が高いので、入れたらマドラーでレモンと混ぜることで後の工程でグルグルと混ぜる回数が少なくて済みます。

説明画像
この大きさのスプーンだと・・・
説明画像
この量で2杯だと甘めです
説明画像
ハチミツとレモン汁を入れてこれ位の量
説明画像
ハチミツとレモン汁をここでしっかりと混ぜて粘度を下げておきましょう
STEP

氷をドカッと入れる

ジョッキの4割位を目安に入れます。

説明画像
これ位入れるとキンキンに冷えてやがるぜ!って感じです
STEP

炭酸水を注ぐ

専用ボトルを本体から取り外しジョッキに炭酸水を注ぎますが、一旦ジョッキの1/3まで炭酸水を注いだらマドラーで軽く混ぜておきます。

これは、炭酸を極力逃がさないようにするためですが、そこまで神経質になる必要があるかどうかは気持ち次第な部分もありますです、ハイ(笑)

で、全体的に混ざったら、残りを入れてから軽く混ぜれば完成です!

説明画像
シュワシュワ
スポンサーリンク

このレシピの味について

ハチミツの甘さが少し強めのスッキリとした味わいです。炭酸も強すぎないので飲みやすいかと思います。

説明画像
暑い時期には特におススメです

喉もスッキリするので朝食時に飲むと気分もシャキッ!とリセットされるかもです。

喉が痛い時なんかに飲むのも良いかもですね~。

ピタくま

ドリンクメイトをご購入されたら、是非、お試しくださいね~。

今後もドリンクメイトを使って美味しい飲み物なんかが作れたら、ご紹介していきたいと思います。

いつでも炭酸水が作れるので便利ですよ!!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク