キャンプ飯で使える業スー食材その1|野菜と果物が溶け込んだカレー

title

スポンサーリンク


皆さんは業務スーパーって行かれますか?実は、業務スーパーには他のスーパーにない安くて美味しい食材が沢山あるんですよ!

と言うわけで、今回からキャンプで簡単に調理出来て美味しい業スー食材達をご紹介していきたいと思います。

で、第一回目の今回は、レトルトカレーの【野菜と果物が溶け込んだカレー】をご紹介して来たいと思います。

ピタくま

でわでわ、最後までごゆっくりしていってくださいね~。

どんな商品?

では、どんな商品か見ていきましょう。

説明画像
パッケージ

パッケージは上の画像のように、1パック200gのレトルトパウチが簡素なビニール袋に5食分パッキングされています。

価格は税別328円(税込みで354円)で、1食分当り税込みで大体71円といった所です。

これに5㎏1300円のお米を使った場合、1合で39円位なので光熱費を除けば原価110円位になるので、とてもリーズナブルな食材です!

因みに炊飯ジャーで大体4円位の光熱費が掛かるのかな?って位なので、込々115円位でしょうかね。

ピタくま

では、次にこのカレールーの成分を見てみましょうか。

説明画像
成分リスト

野菜と果物が溶け込んだカレーと言う事で、ピーチやマンゴーのピューレ、濃縮いちご果汁、トマトペースト、オニオンソテーなんかが入っていますね~。

アレルギー物質としては、乳成分・小麦粉・牛肉・大豆・豚肉・もも・りんごが含まれてますね。また、この製造ラインでは卵、鶏肉、ごま、魚醤(魚介類)を含む製品も生産されているようです。

次にこのカレールーの加熱方法について見てみましょう。

説明画像
作り方

湯せんする場合は、封を切らずにそのまま熱湯の中で焼く6分加熱し、電子レンジ(500W)の場合だと、中身を深めの耐熱容器に取出しラップをかけて焼く3分温めるようです。

スポンサーリンク

どんな味?

ピタくま

では、本題に入っていきましょう!!

あくまで私の主観ですが、このカレーの味についてお伝えしていきたいと思います。

私はカレーと言えば、ジャワカレーの中辛をベースにしたものをいつも食べてますが、このカレーはジャワカレーとは味わいが全く異なります。

一般的に知られているレトルトカレーにはないんじゃないかな~って感じの独特のフルーティさがあり、トマトの風味なんかも感じます。でも、フルーティではありますが決して甘くはなく、ピリッとした尖った感じのやや強めな辛みがあります。

ピタくま

野菜と果物が溶け込んだカレーと言うだけあって、フルーティーな感じです。

私の一口目に感じた第一印象は、惜しい!と言う印象ですが、1食71円と言う点を加味すれば、71円でこの味ならとてもコスパは良いと思います。

第一印象はそこそこでしたが、2度、3度と食べていく内に癖になって来ました。食べた後の余韻が強く、暫く口の中にカレーの香りが残り、身体の芯までポカポカさせてくれる感じがします。

カレーに拘りがある方なら少し物足りなさを感じるかも知れませんが、自分好みの味に出来る調整代があるので、キャンプではこれをベースに自分好みの味を追求していくのも楽しい時間になるんじゃないでしょうか?

自分的にはもう少し味に深みがあればと思いますが、スパイスを足すと言うよりも、このフルーティさを活かして揚げ野菜をトッピングしたりするのがとても合うんじゃなかな~と思いました。

ピタくま

5食分あるので、キャンプに出掛ける度に自分流を見つけていくのも面白そうですね!

因みに、私は釣りの昼食としてキャンプの出来る公園でチーズハンバーグカレーにして楽しみました。この日はとても寒い日でしたが、このカレーのお陰か夕方までポカポカと過ごすことが出来ましたよ。

説明画像
同じく業スー食材とのコラボ
スポンサーリンク

最後に

フルーティなカレールーで、コンパクトなキャンプなどで直ぐに美味しく食べられるのは勿論ですが、自分流の味を追求することも出来る余地があるカレーです。ソロキャンで自分流を突き詰めるもヨシ、ご家族やお友達でそれぞれの味付けをして食べ比べしてみたりするのもヨシだと思いますので、業務スーパーに出掛ることがあれば、是非、お試しあれです!

業スーで買えるもう一つの【おとなの大盛カレー】についてもレビュー記事を書いてますので、良かったらそちらもご一読してみてくださいませ。

今後もPita-Kuma.BLOGではアウトドアで楽しめそうな業務スーパー食材を紹介していきたいと思います!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク