業スー食材でキャンプ飯|冷凍豚ロースカツはアリかナシか食べてみた結果

title

スポンサーリンク


キャンプ飯でリピートしたい業務スーパー食材を発掘すべく、今回も業スーに出掛けてみました。

第3回目となる今回は、カレーから一旦離れて冷凍食品に目を向けてみることにし、冷食第一弾目のレビューは冷凍豚ロースカツをチョイスしてみました。

ピタくま

この豚カツはアリなのかナシなのか、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

どんな商品なの?

説明画像
パッケージ

内容量は一枚約140gの豚ロースカツが5枚で計700gとなっています。

因みに大きさは実測してみたところ、大体14cm×9.5cm×2cmと結構大きなサイズでした。

価格は税抜き595円で、税込みだと642円ですかね。1枚当り税込みで約129円といった所です。

ピタくま

スーパーで出来あいのお惣菜を買うのを考えてもかなり破格ですよね。

成分表など

アメリカ産の豚ロース肉を国内で加工しているようですね。

カツ自体はパン粉まで付いた状態なので、180℃の油で6~7分揚げるだけととても簡単です。

説明画像
ピタくま

キャンプなどの外飯では手間が掛からず良いですね!

スポンサーリンク

早速食べてみた

ピタくま

さてさて、気になる味を早速チェックしてみましょうか。

説明画像
大きい!

サイズが大きいのでキャンプで調理する時は直径18cm程度の鍋を使うのが良さそうですね。

後、火力を上げて速く揚げようとするとカツの中心部に火が通らずに衣だけが焦げてしまうので、説明書通りじっくりと中火程度で時間を掛けて芯まで満遍なく火が通るようにしましょう。

説明画像
ピタくま

説明書通りの火力で6~7分と言うのはその通りでした。

では、じっくり揚げた豚カツをシンプルにウスターソースで食べてみますか!

説明画像
シンプルにウスターソースでいざ!

断面はこんな感じで、お肉自体は1cm位の厚みがありそうですね。

説明画像
断面

ウスターソースを掛けて~・・・・

って、衣に結構ソースが染み込んでしまうようですね・・・(笑)

では、いただきます!!

・・・・

ん~・・・味が薄いかも?

ロース肉なので脂身もあるのですが、脂の味も少し薄い気がします。やはり国産豚肉じゃないとだめなのかな?

香辛料は入ってるみたいですが、胡椒とは書かれていないのでひょっとしたら胡椒が入っていないのかも?

お肉自体の味が薄くて、揚げた衣を食べてる感じが強いかな~。

ソースの味も衣に吸収されてしまって何となくイマイチな感じがする・・・。これは、一緒に食べた妻も同意見でした。

ん~、これは豚カツソースかケチャップとウスターソースを合わせたものか、はたまた味噌カツにすれば正解だったのかな??

と言う事で翌日は実験的に一人で、みりん・砂糖・胡麻・味噌・酒で作った味噌ソースを掛けて食べてみましたが、これもイマイチでした・・・orz

ん~、表現が難しいですが、ソースとカツが馴染まないというかそれぞれの味が口の中で分離している感じがします。

と言うわけで、さっと揚げてソースで食べるというのはあまり楽しくないという結論になりました。勿論、このカツに合うソースを見つけるのもありかなとは思いますけどね。

ピタくま

胡椒が効いていればバッチリな豚カツだったかもですね~。

この食べ方だとおススメは出来ない食材ということになってしまうのも豚カツ好きの私としては残念なので、この豚カツを外飯で簡単に調理出来て美味しく食べられる調理法を残り2枚で見つけて、リピ買い出来るおススメ食材に認定したいですね~。

スポンサーリンク

そして後日、遂に・・・・

後日、これまでの失敗を踏まえて、別の調理法を試してみたら・・・・

ウマイ!!

と、例の鬼〇の刃の煉〇さんぽくなれる調理法を見つけてしまいました!!

その調理法については、私のレシピの備忘録にもしたいので改めて別記事でご紹介したいと思います。

ハイボール好きな方、必見です!

アウトドアでハイボールを好みの強炭酸水を電源不要で作ることが出来る便利な商品があります。

気になる方はこちらの記事か↓↓のリンク記事をチェックしてみて下さいね。

キャンプ飯におススメ出来るその他の業スー食材のレビュー記事なんかも書いてます。

スポンサーリンク