ピタくま釣行記|ボートシーバス&チニングで遂に本命ゲット!!

title

スポンサーリンク


今回は、台風が三っつもぉ~~??ってタイミングの2021年8月6日の釣行の内、前半のボートチニング&シーバスゲームについてお伝えします。当日、船屋さんからシーバスが好調との情報もいただいたので、シーバスゲームにも挑戦してみましたよ~。今回ももちろん、鱒レンジャーでの釣行となっております。是非、ご一読くださいませ!!

ピタくま

この記事はYouTube動画”ひなっちゃんねる”と連動しています。

この記事の最後に動画リンクを貼っておりますので、記事とあわせてご視聴いただくとより楽しめると思います!

潮汐データ

  • 中潮 波の高さ1.5m 晴れ
  • 満潮:04時00分(172cm) 17時59分(182cm)
  • 干潮:11時00分( 42cm) 23時20分(109cm)
  • 実釣時間:5時50分~9時00分(この後、ハイカラ釣りしたので納竿は12時30分)

海の状況は、台風の影響は早朝はまだあまりないようで少しうねりがあるなってぐらいでしたが、午後帰宅する事には、すっかり激荒れ状態になってました。8時30分頃には湾内でも台風の風が強く吹く状態となっていました。

スポンサーリンク

使用タックル

今回も、鱒レンジャーを使って楽しんで来ました。

●ロッド・・・鱒レンジャーSP50

●リール・・・SHIMANO 2020年モデルツインパワーC3000MHG

●メインライン・・・SHIMANO PITBULL8 0.8号

●ショックリーダー・・・SHIMANO エクスセンスEX 4号

ルアー類は後述していきます。

スポンサーリンク

釣行開始!!

出船前に、船屋さんからシーバスが湾奥部で数出ていると教えていただいたので、まずは、朝マズメにシーバスを狙ってみることにしました。

本当は、ハイカラ釣り⇒チニングの予定でしたが朝の方がやはりシーバスの確立が高いので、予定を変更してシーバス⇒チニング⇒ハイカラ釣りに変更しました。

ピタくま

これがドンピシャ正解でした!!

とりあえずシーバスが釣れている湾奥部を目指します。

道中、イワシボールだと思うんですが、いつになくあちこちで出来ていました。

イワシボール

シーバスがついていないかルアーをキャストしてみますが反応はなく、ベイトものんびりしているので、ここは諦め、湾奥部に向かうこととしました。

湾奥部の小さな河川の出口部分にやって来ました。

ここは以前にも試したことがある場所なんですが、ボトムの状況が分からないのですが、根掛かりを結構するので、ゴロタ場ぽい感じのストラクチャーがありそうな感じがします。

こういう時に魚探があると便利なのですが、またもや荷物になるので置いて来ました(笑)

ガボッツも投げてみましたが、先程のベイトボールでの反応から底にいそうな感じがしたので、ダイソーメタルバイブ10gでボトム付近の反応を見てみることにしました。

ピタくま

メタルバイブを少しカスタムしてます。

アユカラーにして、アイはダイソー製の黄色のものに、リアフックはトレブルフックのアウトバーブタイプの#8に交換してみました。

底を引いてくるように、軽めのリフトアンドフォールやタダ巻きを変化を付けて様子を見ることにした二投目で、早速Hit!!

グッドサイズぽい引きを感じた瞬間、まさかのラインブレイク・・・(泣)

パツンとPEから切れてしまいました。

ピタくま

リーダーが短か過ぎたのが良くなかったかもです。

苦手なバイブレーションで、しかもカスタムしたルアーでヒットさせて嬉しい反面、折角カスタムしたルアーを失くした悲しみが入り混じって複雑な心境ですが、本当に一番心配しないといけないのは、魚がルアーをうまく外してくれるかということですよね・・・。

気を取り直して、ラインを直し今度は7gのノーマルメタルバイブでリベンジです。

小さいリフトアンドフォールなのか平打ちなのか微妙なアクションの底チョンチョンでボトムを攻めてると、グンッ!!

来ました!!

ジャンプ

早速ジャンプです。

ピタくま

シーバスはこれがエキサイティングですよね!!

エラ洗いを何度かしてくるグッドフィッシュでした。サイズは55cmはあるんじゃないかなぁって位でした。

この後、キャストを繰り返しましたが反応なく、日も昇って来たのでチニングを開始することにしました。

ここは、今度来るとき魚探で地形を見てみたいと思いました。これでまた楽しみが増えましたよ♪

チニングスタート

さてさて、チニングも今回で4回目。これまでの釣行で釣れたのは、船長の30cmオーバーのキビレだけという散々な結果です。

ピタくま

今回こそは、黒鯛も数釣りも達成したい!!

今回は、これまでの釣行から対策を考えて来ました。

これまでは、どちらかというと岸に向けてキャストし、ピンポイントで狙う点の釣りでしたが、今回は深めのブレイク周辺を面で狙うことにしました。

浅場を狙うとフグの猛攻が凄いんですよね~・・・。

と言う事で、チヌが居そうな日陰でブレイクがある場所を探してこういう場所に来てみました。

第二ポイント

奥の方と写真に写っていない手前の方は磯になってブレイクがありそうです。

使用したルアーはこちら。

●ドリームアップ DART8 2.5inch #04ボトムベイトカラー(下の画像の色は違いますがこの色は柿色ぽい色です)

●ジグヘッド DDHEAD25 4g

このワームを軽い底チョンチョンで、着底⇒すぐチョンチョン⇒着底⇒すぐチョンチョンのワームが止まっている時間を極力少なくするアクションでフグを避けつつチヌを狙うことにしました。

すると、一投目から反応が!!

ショートバイト⇒バイト⇒ヒット!と完全にスイッチが入った状態でフッキングに成功しました。

上がって来たのは・・・

遂に本命マチヌゲット

26~8cm位のマチヌでした。本命黒鯛を一投目からゲット出来ました♪

続く二投目も直ぐにヒット!!

2匹目のマチヌ

これまで沈黙の船長にも・・・遂にヒット!!

キター!!

これは中々良い引きをしてます。上がって来たのは、

35cm位のマチヌでした!!

船長、私より大きいサイズを良く釣るんですよね~(笑)

この後も連チャンモードで、私は計5匹、マチヌ、キビレをゲットしました。

同一方向からだとサイズが下がって来たので、反対方向からキャストしてみると、船長にこれまた30cmオーバーのキビレをゲットしてました。

この時点で船長、相当フグにワームを持っていかれてたので、別のポイントを探すことにしました。

流石に日が昇って日陰になる好条件なポイントもほとんどなくなったので、日向のポイントを調査してみることにしました。

陽が当たる場所はどうなのか

この日は、台風の影響もあって、風も少しあり雲も出ていたので気温もこれまでと比べ幾分涼しい感じでした。

ピタくま

それでも暑かったんですがね・・・(汗)

先程と似たような地形の浅い部分では小さいサイズのキビレを船長が釣り上げていました。

反応はあるようですが、グッドサイズの反応はイマイチな感じでした。なので、最初のシーバスが釣れた水の動きがある川筋に行ってみました。

この頃で、8時30分頃だったでしょうか。台風と思われる強い風が吹き始めました。一日の釣行は危険そうだったので、このポイントの反応を見たら、ハイカラ釣りに変更することとしました。

使ったルアーはこちら。

●メジャークラフト チヌキャンディ 7g #3コクトウマッチャ

●メジャークラフト ファイティングクロー 1.6 inch

これも、これまでと同じように底チョンチョンでヒット!!

中々良いタテの引きで現れたのは、

7匹目

30cm位のキビレさんでした。

これで、チニングは終了しましたが、私計7匹(内シーバス1匹)、船長3匹と、短時間釣行では良い釣果だったのではないかと思います。

今回の釣行を振り返って

ピタくま

これでやっと、チニングもスタート地点に立てたのかな?(笑)

何はともあれ、二人ともチヌをバイトさせることが出来るアクションも少し理解出来たし、まずはめでたしめでたしですかね。

次は、もっと大物が釣れるようにポイント開拓とかチヌの習性を掴めるようになりたいなと思います。

今回釣れた状況を振り返ってみて整理すると、こんな感じだったのかなぁと思ってます。

今回釣れた要因の考察
  • 涼しい時間帯であったこと
  • 風が吹いて水が動いたのが良かった?
  • 川筋の水が動く深場には居そう

今回のデータとこれまでの釣れなかったデータを次の釣りに活かせて、釣れる確率を上げていければいいなと思いました。

ピタくま

次もがんばりますよ~!!

YouTube動画もお楽しみくださいませ!

今回の記事は以下のYouTube動画と連動していますので、今回の底チョンチョンも含めて、ご視聴いただくと楽しんでいただけるかなと思います。

是非、こちらもご視聴下さいませ!!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

次のピタくま釣行記もお楽しみに!!

スポンサーリンク