日ノ瀬清流公園|スノーピークの側でキャンプが出来る公園

title

スポンサーリンク


清流仁淀川が流れる高知県高岡郡越知町。ここには無料で楽しめるキャンプ場が沢山ありますが、今回はトイレもあって、側には「スノーピークおち仁淀川」がある公園『日ノ瀬清流公園』をご紹介します。鮎も釣れる仁淀川でキャンプを楽しみたい方は、是非、ご一読くださいませ♪

ピタくま

最後までごゆっくりしていって下さいね~♪

日ノ瀬清流公園へのアクセス

Googleマップによると高知インターチェンジから最短ルートで42.9kmで47分となっています。道路の状況によって変わると思いますが、1時間25分程度はかかるかと思います。

高知市内方面からは高知自動車道を使って伊野インターチェンジを降りたら信号を左折し、高知西バイパスを利用して天神インターチェンジで降ります。高知西バイパスを使わずに国道33号線を使っても構いませんが、時間帯によっては混雑するかも知れません。

突き当りを右折し、道なりに進むとT字路の信号があります。そこを左折し、再度国道33号線に出ます。

少し進むと仁淀川橋が見えて来ます。その信号を左折せずに直進して仁淀川橋を渡らずに、国道194号線を使って仁淀川に沿って愛媛県方面に進みます。

暫く進むと、高知アイス売店が左手に見えますので、その少し先に県道伊野仁淀線の18号線の橋が見えます。その橋を渡って道なりに進めば、数分の所に黒瀬キャンプ場の案内看板が左手に出ていますが、更に道なりに5kmぐらい直進した所となります。

ここから約5km先にあります

黒瀬キャンプ場からは車幅が狭くなり対面通行となる区間もありますので、お気を付け下さい。

左手にスノーピークおち仁淀のキャンプサイトと看板が見えますが、公園の駐車場はこの150mぐらいの所にあります。

看板の上に見えてる建物が公園のトイレです
スポンサーリンク

日ノ瀬清流公園について

公園遊歩道から見た景観

無料でキャンプを楽しめる

駐車場を含め河原の利用は無料です。事前予約も必要ありません。

問い合わせ

0889-26-1004 (越知町観光協会)

越知町観光協会HP

トイレ

トイレは、男子・女子・障害者専用トイレがあり、トイレは水洗トイレとなっています。

トイレ

駐車場

駐車場はトイレの横にあります。パッと見た感じでは6台ぐらいは駐車出来るような感じでした。

尚、スノーピークの駐車場は使わないようにしましょう。

また、公園の西側から河原に降りることが出来ます。

ピタくま

河原への乗り入れは4駆の車なら可能かと思いますが、スタックには十分ご注意ください。

側にはスノーピークがある

もしキャンプ用品を忘れた場合でも、公園の側にスノーピークおち仁淀川があります。水曜日は定休日で、9時~18時までとなりますが最悪の場合はそちらで色々と購入出来るかと思います。

スノーピークおち仁淀川
ピタくま

このスノーピークおち仁淀川の中には有料のキャンプサイトがあり、多くのご家族連れがキャンプを楽しんでいます。

事前予約をしておけば、ラフティングを楽しむことも出来ますよ!!

スノーピークおち仁淀川HP

河原への遊歩道降から見た夕方の景色
スポンサーリンク

利用する際の注意点

このキャンプ場の上流側にダムがあり、増水時には放流する場合があります。サイレンが鳴ったらすぐに避難しましょう。

駐車場に以下の看板が設置されていますので、まずは確認しておきましょう。

ピタくま

来られる1週間前位までの現地の雨量等を確認した上で利用すると安心かもですね。

公園遊歩道から見れる建物は、スノーピーク利用者の宿泊施設ですので、立入禁止となっていますので、ご注意下さいませ。

スノーピークの施設ですので、立入禁止です

鮎も釣れる場所

この鎌井田地区では鮎も釣れるポイントとなっています。

遊漁証の購入が必要ですが、鮎釣りを楽しむことも出来ます。

ピタくま

詳細については、仁淀川漁協さんの方でご確認くださいませ。

予約等に関する問い合わせ

仁淀川漁業協同組合HP

TEL.088-893-2300

FAX.088-893-2338

対応時間:平日 AM9:00~PM5:00

沈下橋も楽しめる

公園から東に数kmの所には、片岡沈下橋があり、また、公園から更に奥に行くと映画「竜とそばかすの姫」の舞台のモデルとなった浅尾沈下橋があります。

片岡沈下橋から見る夕暮れの景色
ピタくま

聖地巡礼を楽しむことが出来ますね。

是非、現地で綺麗な景観を楽しんで見て下さいませ。

日ノ瀬清流公園のレビュー

アクセスは一部対面通行となってる所もありますが、道中は綺麗な景観を楽しむことが出来ます。

また、連泊するなら日ノ瀬清流公園の近くには黒瀬キャンプ場や本村キャンプ場なんかもあるので、キャンプ場を転々と楽しむ事も出来たりします。

また、トイレもあってスノーピークでも買い物もでき、ラフティングも楽しめたりとご家族で楽しむにはピッタリなキャンプ場だと思いました。川自体も雨が降っていなければ、穏やかですので夏場には遊泳を楽しむことも出来ると思います。

スノーピークのキャンプサイトには沢山のご家族連れが来てワイワイと楽しんでいましたので、どちらかというと昼間は賑やかな感じの場所になるのかなと感じました。

人が近くにいると安心出来るので、不安な方には良いキャンプ場かと思います。

ピタくま

静かにキャンプを楽しむなら西側の方に設営すればOKそうです。

仁淀川は高知県を代表する河川の一つで守るべき場所だと思います。利用に際してはゴミは必ず持ちかえるなど元の綺麗な状態をキープして、綺麗な自然を後世まで残したいものですね。

黒瀬キャンプ場にある看板
ピタくま

是非、清流仁淀川でキャンプを楽しんでみてくださいね~。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク